新型コロナウイルス感染症対策マニュアル(食事)

1.お客様の安全について

【入店時】

  • 店舗入り口には、アルコール消毒液を設置し入店時には、手指の消毒をお願いする旨の提示をする
  • 飛沫感染・接触感染を防止するために十分な間隔を取ることが重要であることをお客様に理解していただき、店内が込み合う場合は入店を制限する。

【客席へのご案内】

  • テーブルは、飛沫感染予防のために隣テーブルと間隔をあけて対応できるよう配置を工夫する
  • 場合によっては飛沫感染予防のために対面ではなく横並びでの案内も出来るように対策する
  • 少人数の家族、介助者が同席する高齢者・乳幼児・障碍者等対面を希望する場合は可能としてよいが、他グループとの相席は避ける

【テーブルサービス】

  • テーブルサービスで注文を受けるときは、お客様の側面に立ち、可能な範囲で間隔を保つ
  • お客様が入れ替わる都度、テーブル・カウンターを消毒する
  • テーブルサービスでは、従業員のマスク着用の徹底を行う
  • お客様同士のお酌、グラス等の回し飲みは避けるよう指示等により注意喚起する
【会計処理】
  • 会計処理に当たる場合、現金・クレジット等の受け渡しが発生する場合には、手渡しで受け取らず、コイントレーなどを使用する。また、コイントレイは定期的に消毒する、会計の都度手指を消毒するなどの工夫する
  • 飛沫を防止するために、レジとお客様の間にアクリル板等の仕切りを設置するなど工夫する

2.従業員の安全衛生管理

  • 食品を扱うものの健康管理と衛生管理の徹底
  • 従業員は出勤前に各自体温を測る。発熱や風邪の症状がみられる場合は、店舗責任者にその旨を報告し、勤務の可否等の判断を仰ぐ
  • 感染した従業員、濃厚接触者と判断された従業員の就業は禁止する
  • 店舗ではマスクやフェイスガードを適切に着用し、頻繁かつ適切な手洗いを徹底する
  • 従業員やその家族が過度な心配や恐怖心を抱かないよう、また風評被害や誤解などを受けないよう、事業者者現状を的確に従業に伝える

3.店舗の衛生管理

  • 店内(客席)は適切な換気設備の設置及び換気設備の点検を行い、徹底した喚起を行う(窓等の敵的な開放)
  • 店内清掃を徹底し、店舗のドアノブや調味料等、多数の人が触れる箇所は定期的にアルコール消毒、次亜塩素ナトリウムで清拭する。また、テーブル、イス、メニューブック等はお客様の入れ替わる都度、アルコール消毒薬、次亜塩素酸ナトリウムで清拭や用具の交換を行う
  • トイレは毎日清掃し、ドアやレバー等の不特定多数が触れる箇所は定期的にアルコール消毒薬、次亜塩素酸ナトリウムで清拭する