きりたんぽ館

きりたんぽ発祥の地で、本格きりたんぽ料理をどうぞ 

秋田を代表する郷土料理「きりたんぽ」は、ここ鹿角が発祥です。
ごはんを半分程度潰し(半殺しと表現します)、櫛に握りつけて焼いたものを「たんぽ」と言います。これを切って鍋に入れ、ゴボウや舞茸、セリなどと一緒に鶏だしで煮ると「きりたんぽ鍋」となります。
きりたんぽ館では、比内地鶏の旨味がしみ込んだ本格的なきりたんぽ鍋を手軽に味わうことができます。

また手作りのくるみ味噌を塗って香ばしく焼いた「みそ付けたんぽ」も人気です。
みそ付けたんぽは、自分で握って焼く、手作り体験も楽しむことができます。(団体様はご予約下さい)

秋田名物きりたんぽを、ぜひ発祥の地鹿角でご堪能下さい。